多彩な学びを通じて、ひとりひとりの居場所を育む。モードリゲル

洋服をつくる。その工程は多彩な学びに満ちています。つくる相手のことを考えることで感受性が身につき、平面を立体化するためには数学の知識が必要です。また染色を学ぶことで科学の知識が増えていきます。実践を通じて個性や強みを自分自身でみつけ、豊かな感性や新たな価値観を育んでほしい。自分の得意がまだみつからない、これまでの学校には馴染めなかった、そんなひとりひとりの居場所となれるような教育の場でありたいと考えています。

【イメージ】学校について
【イメージ】学校について
【イメージ】学校について

モードリゲルは自分のペースでひとつひとつ先生に教えてもらえるところがとても良いと思います。授業で洋服を作る際は、自分で着たときに満足できるようにという気持ちで作っています。

【イメージ】学校について

物作りは手間がかかって面倒くさいと感じることもありますが、これまでの学びでやり遂げる力が身についてきたと思います。完成した時の達成感を経験し、自信を持つことができました。

技術を学び、自信をつける

服飾の基礎技術力が身につくことで、自分への自信につながります。他校にはない服飾手芸、ファッションデザイン・造形などの専門科目が充実しています。刺繍やステンシルで好きなものを作ったり、衣服のパターン作りから完成までを、個人の技量に合わせてきめ細かに指導しています。

【イメージ】授業風景
【イメージ】授業風景
教養科目で幅広い学びを

国語、英語、現代社会、日本史、世界史、社会学、美術、軽音楽、タップダンスなど幅広い科目を学ぶことができます。いろいろな科目を通じて、まずは自分自身の好きや苦手を知るところから始め、ひとりひとりの個性や可能性を引き出せるような教育を目指しています。

【イメージ】授業風景
【イメージ】授業風景
【イメージ】課外授業
【イメージ】学園祭
【イメージ】針供養
課外授業      学園祭       針供養
 
実践と少人数の学びの場で、
未来へのヒントをみつけてほしい。

本校「モードリゲル」は、社会に出る前や大人になる前の大切な時間を、ものづくりを通して自分自身を知ったり、人間関係や社会環境を学んだりする場として過ごしてほしいと願っています。生徒も先生も少人数だからこそのアットホームな雰囲気も魅力のひとつです。洋裁をはじめとする多彩な授業で、自分の個性を発見したり、好きなことを伸ばしたり、新たな楽しみを見つけたり。そんな未来へと続く学校生活を一緒につくっていきましょう。

校長 田中絵理香
校長 田中 絵理香

学生時代に社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得。その後渡米し、中学から始めたタップダンスをNYで学ぶ。「認定NPO法人 スマイリングホスピタルジャパン」の福岡地区コーディネーターとして、子どもと福祉とタップダンスを合わせたボランティア活動などを通じ、2020年より本校の校長に就任。

[ 進路について ]

ひとりひとりに合わせて、進学・就職など進路相談を行っています。

進学先

広島大学、佐賀女子短期大学、香蘭女子短期大学、大阪モード学園、大村美容ファッション専門学校、九州スクールオブビジネス など

就職先

株式会社オンワード樫山、株式会社ニューリード(アパレル縫製業)、株式会社エルアン(アパレル縫製業)、
ママのリフォーム(株式会社ツヅキ)、株式会社レイク九州工場(カーテン縫製)、
唐津セロリー株式会社(アパレル縫製業)、株式会社きさく工房(オーダーメイド福祉用具の製作)など

[ 学費について ]

〇入学金(手続料込) 55,000円

​〇施設拡充費 45,000円

​〇授業料 29,900円 ※1

※1 県からの就学支援制度あり

​〇校納金(月額) 19,000円 ※2

※2 維持費/4,000円 教材費/5,500円

  修学旅行積立/4,500円(1・2年次のみ)

  振興会費/1,500円

​  積立諸費/3,500円(暖房費など)

[ 奨学金について ]

〇佐賀県育英資金

​〇福岡県教育文化奨学金

​〇国の教育ローン

 (日本政策金融公庫)

​〇母子寡婦福祉資金貸付

〇交通遺児育英会奨学金

​〇日本学生支援機構 など

 
[ 卒業生の声 ]
アパレル縫製会社

服や小物、布に関わりたくてモードリゲルを選びました。ミシンだけではなく手縫いやパターンを起こすところから服作りを学べてとても良かったです。ウエディングドレス、マーメイドドレス、Aラインドレスなど、さまざまなドレスを作ったことが良い経験となりました。現在のアパレル縫製の仕事は楽しく、いつまでも続けたいと思っています。

カーテン縫製会社

在学中に工業用ミシンで本格的な縫製を学べたので、カーテン製造工場にある工業用ミシンにも早く慣れることができ、役職をもらうことができました!クラスメイトと力を合わせた学園祭のファッションショーとカフェも良い思い出です。また就職活動では履歴書の書き方や面接練習、職場見学など、あらゆる点で先生方にサポートしていただきました。

ゲーム専門学校

卒業製作の課題研究では、自分の体にぴったりの3ピースのスーツを縫い、進学するにあたっての面接では、自信を持ってこのスーツを着ていきました。進学先の学校でもモードリゲルで学んだゼロからすべてを創り出すというものづくりの楽しさ、アイデアの発想のやり方などを活かして、さらに将来へ続く学びを深めていきたいです。

ウエディングドレス
いつでも見学できます
お気軽にご連絡ください

○見学は事前予約が必要です。
○日時は個別にご相談のうえ決定します。
○保護者の方のみの見学も可能です。

「モードリゲル」名称の由来

リゲルとはオリオン座の中でも、ひときわ明るく輝く星の名前です。冬のダイヤモンドを形成する星のひとつでもあります。モード(服飾)を通じて、リゲルのように華やかに輝く自分を育んでほしいという願いを込めました。

引地学園の沿革

昭和21年 引地洋裁研究所開設
昭和21年 唐津ドレスメーカ女学院と改称
昭和27年 校舎新築
昭和31年 学校法人 唐津女子服装専門学校設立
昭和39年 法人名を引地学園 校名を唐津服装専門学校と改称
昭和42年 引地学園服装専門学校と改称
昭和44年 県立佐賀北高との連携教育開始
平成 3 年 専門学校モードリゲルと改称